これからの目黒のために。

◼️信条

心身ともに健康で、自由に生活、行動が出来ることは、多くの人々の願いです。

社会生活において、助けあいや思いやりなど、人と人との絆を大切にすることは、安心・安全な社会には欠かせないと考えています。     

また、自然の恵みをいただく私たちにとって、自然環境保全への取り組みは、現代も次代でもその大切さは変わりません。


現代社会で起きる様々な問題・課題に、早く気付き一歩進んで対処・行動すること。また、その本質や根本に注目し解決を図ること。そして、新たな夢の種をまき、育てることが、私に課せられた仕事です。


「これからの目黒のために。」は、未来を見据えた私の政治姿勢を一言で表す言葉です。


◼️地域への思い

地域社会は、気づかないところで日ごろの生活に関わっています。
ゴミ集積所の管理、私道防犯灯の設置・管理、高齢者や生活困窮者への相談・支援、スクールゾーンのバリケード設置、防災活動、防犯パトロールなど、「だれか」が実行し、場合によっては費用も出して、安心・安全な社会を形成しています。

行政が行えば大きな予算が必要な「ラスト・ワンマイル」(サービスが区民に到達する最後の場面)を「だれか」が担っていることは、なかなか気づきません。


「だれか」とは地域社会の方々です。


しかし、ご承知のように、昨今は地域社会が弱体化しています。

災害時には、遠くの親族・知り合いより、隣近所との助け合いがなければ、命が脅かされることもあります。


私は「これからの目黒のために。」地域社会から選出された議員として、地域社会の向上を目指し、行政との架け橋になります。


◼️キーワードは情報

現代社会の課題や出来事は、人々の「行動」により起こり、それを促す動機の一つが「情報」です。

情報には、口コミやうわさ、ニュースやワイドショー、新聞・雑誌、ネットやSNSから受ける「受信」の情報と、ことばや文字、映像などで表現し、意志や考えを伝える「発信」の情報があります。

日々の生活では「受信する情報」を元に、物事を判断して行動していますが、情報過多の現代、その取捨選択、意図は何なのか、誰もが迷ってきました。


情報に左右されないためには、自らが情報を読み解く、メデイア・リテラシー(情報を評価・識別する能力)の向上は欠かせません。

「これからの目黒のために。」学校教育はもちろん、社会教育においても情報教育の向上を目指し、正確な情報の取得、取捨選択、適切な判断を行い、自らが望む生活、行動ができる世の中をつくりたいと考えています 。    


◼️座右の銘 温故知新

古きをたずねて新しきを知る。
歴史を学ぶことは、先人の成功、失敗、経験を学ぶことに通じます。

日々の生活では様々な出来事が起きますが、今日まで繰り返し積み重ね得られた事柄には、次代へ活かせる事例や解決策が含まれています。

人工知能(AI)は、まさに温故知新とも言える、過去の事例をデータ化しプログラミングされた技術です。

私は「これからの目黒のために。」出来事の経緯や背景を学び、区政の運営に大いに役立てるべきと考え、座右の銘と致します。